最新情報・レポート

このページではゴキブリ駆除に関する新しい情報やレポートを配信してまいります。

ゴキブリの飢餓耐性について

飢餓耐性。あまり耳慣れない言葉ですが、要はどれだけの期間、食事などを口にしなくても生き抜くことが出来るのかという程度の認識でも大丈夫です。 元々、飢餓耐性というのは人間を初めとする動物には、既に備わっているものですが、その程度は動物によって大きく異なります。 モグラのように、半日位の中に何も食べないだけで餓死するものもいますし、中には数カ月にわたって飢餓に耐えるものもいます。それが、今回問題となるゴキブリです。 小さい品種であるチャバネゴキブリだと大体1週間。大型のクロゴキブリなどになると、実に3ヶ月近く生き残るものが居ると言われています。 これは、ゴキブリの体内に脂肪が含まれていて、もし餌が食べられなくても、これを分解すつつ動き続けることが出来るようです。 実際には、ゴキブリがこれだけの期間、まったく餌を口にしないというのは珍しい状況だと考えられています。家の中をどれだけ綺麗にしようと、私達人間の落とした髪の毛やフケ、アカさえ餌としてでも生き続けると言われているからです。 私達が暮らす以上、ゴキブリの餌になるものを部屋の中に置かないというのは難しいことです。 ただ、量を減らせば、ゴキブリの餌になる確率は低いのです。 逆に言えば、どれだけ駆除を進めようと、餌が潤沢にあるならゴキブリは常に増え続けますので、燻煙処理や毒餌の設置後も、ゴキブリの餌となるものが極力少なくなるように、清潔な環境を整えることが必要です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-724

24時間365日 日本全国受付対応中

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-724

0120-949-724
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

ゴキブリ110番の更新情報