最新情報・レポート

このページではゴキブリ駆除に関する新しい情報やレポートを配信してまいります。

死骸を放置するのも危険です

ゴキブリを駆除する場合、広く用いられているのが薬剤を部屋に充満させる燻煙型の殺虫剤です。家具の隙間などに薬剤を含んだ煙が入り込み、ゴキブリの成虫や幼虫を殺してしまいます。 この時、死骸が出るのですが、目に見える範囲の死骸は片付けると思います。でも、見えない部分の死骸はどうでしょうか? 普段私達はそれをあまり気にすることは無いと思います。 実は、ゴキブリという昆虫は仲間の死体もエサにする事が出来る昆虫です。 もし室内のゴキブリを全滅させることが出来ず、一部のゴキブリが生き残ってしまうと、それをエサにして、残ったゴキブリが勢力を拡大することにもつながります。 できれば燻煙剤を炊いた後は、家具の裏や下も確認して、死骸を処分するのがおすすめです。 こうした対応は、中々骨の折れるものですし、ゴキブリの死体を見つけたら、死んでいると分かっていても近づきたくないと思われるのではないでしょうか? もっと恐ろしいのは、死んだと思っていたら、実は死んだ「フリ」をしていただけで、こちらが処分しようとした瞬間、恐ろしい瞬発力で動き出すという事です。 また、ゴキブリの卵については燻煙剤が聞かないため、孵化するまで待つか、物理的に取り除く必要があります。 こうした対応は、ゴキブリ駆除に対応できる業者に任せてしまうのがおすすめです。業者選びに迷ったら、どうぞお気軽にゴキブリ110番までご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-724

24時間365日 日本全国受付対応中

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-724

0120-949-724
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

ゴキブリ110番の更新情報