最新情報・レポート

このページではゴキブリ駆除に関する新しい情報やレポートを配信してまいります。

ゴキブリが生き延びてきた理由

ゴキブリが恐竜時代から今の時代まで生き延び続ける理由をいくつかお話しします。 まず、ゴキブリは繁殖力がすごいのです。ゴキブリの寿命は一般的に120日と言われていますが、その120日の間になんと5回も産卵すると言われています。ゴキブリの産卵を見た事ある方は非常に稀だと思いますが、ゴキブリは卵を1つしか生みません。しかしその1つの卵に15~40匹程度の幼虫が入っており、そして溢れるように出てくるのです。すなわちゴキブリは一生をかけて75~200匹のゴキブリを生産するのです。家庭で、一匹見つかったらあと100匹は出てくると言いますが、このゴキブリの脅威の繁殖力から生まれた言葉なのでしょう。 そして、ゴキブリはこれまでどんな環境で育ってきたのか不思議なくらい環境適応能力が優れています。苦手な物と接触する事があればすぐにその物に対しての耐性を付けるようになるのです。最近では、殺虫剤さえ聞かないゴキブリも居る様で、驚きです。 しかし、驚くべき環境適応能力は別にあります。 私達人間は、子孫を残すためには男女がそろっていなければいけませんよね。男のみ、女のみで子孫を残すことは不可能な事です。しかしゴキブリは、オスが2匹の状態でも子孫を残す事が出来るのです。どういう事かというと、ゴキブリは例えオス同士でも子孫を残すためなら、どちらかがメスになる事が出来るのです。これがこれまで生き延びてきた一番の理由と言えるでしょう。 上でも少し述べましたがゴキブリは、1匹出たら確実に他にもいます。 一度、ゴキブリ110番で現地調査をしてみてはいかがでしょうか?現地調査は無料で行っているので気軽にお申込みが可能です。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-724

24時間365日 日本全国受付対応中

  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-724

0120-949-724
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-949-501
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼

ゴキブリ110番の更新情報